アーカイブ

postheadericon 機密文書を処理する

社外秘の文書を安全に廃棄するなら@機密文書の廃棄業者比較サイト
低コストで安心・確実な機密文書処理|五光商事
http://www.hasai.jp/

「機密文書を処理する」とこう書くと、何だか重々しい感じがしますね。「機密」というのは、辞書をひくと、何やら物々しい意味であるようです。「国家や軍事の枢機(というのは、もっとも核心に近い部分)に関わる極めて重要な秘密」と、こんな感じです。
そのような「機密文書」を「処理」するわけですから、何か、並大抵のものではない感じがするわけです。「謀略」というような言葉が浮かぶ気がします。「スパイ」の「暗躍」とか。
しかし、この「機密文書」という言葉を、現在の日本では身近なところで使っているようです。
つまり、衆目にさらすことが好ましくない文書。外に漏れてはいけない情報が載ったもの――情報というのも、とくに後ろめたいもの、というわけではありません。この情報化社会といわれる世の中では、企業または個人にとって、情報を守るということは、平和な社会生活のための重要なポイントなのです。
「機密文書」の「処理」を必要としているのは、情報の漏洩を防ごうとする企業や個人になります。オフィスにある処理のための道具といえば、まずシュレッダーが挙げられるでしょう。紙媒体の文書を細断して判別不可能なものにしてしまう道具です。
しかし、「文書」とはいっても形はさまざまなものになりつつあります。シュレッダーでは処理できないような形の「文書」もあるのです。

さて、ある需要があれば、必ず供給があるのがこの社会。シュレッダーでは叶わないようなものも処理できる技術を持った専門業者がたくさんあるのです。
彼らは、その処理に、たとえばシュレッダーのほかに、どのような手段を用意しているのでしょうか。それが、この文章のテーマです。